記事一覧

押さえておきたい国内"ファッションYouTuber"

アップロードファイル 4-1.jpg

小学生が選ぶ将来なりたい職業ランキングで上位に入るYouTuber。ファッション業界でもYouTubeの存在感は増しており、ファッションに関する動画を配信している"ファッションYouTuber"が続々登場しています。今回はその中でも特に押さえておきたい国内のファッションYouTuberを紹介します。

1.「メンズのドメブランドに特化」-ハズム-

チャンネル開設日:2016年11月15日
チャンネル登録数:約10万6千人(2019年1月8日現在)               
ハズムとは?

 古着屋「kindal 吉祥寺」の店長を経て、現在は中目黒でセレクトショップ「ダン(DAN)」を運営。「経年変化」や「一生モノ」などのキーワードを用いて、長く使える高品質のアイテムをセレクトして紹介。「ヤシキ(YASHIKI)」のニットや「シー(THEE)」のカットソーなどアイテム切り口で紹介するため、メンズのドメスティックを中心にブランド数はかなり多めです。生産背景や服の素材など、専門知識も豊富でアイテムの細かい特徴について知りたい人には特にオススメ。また、「シワにならないTシャツの洗い方」や「デニムの糊付け方法」など服のお手入れについての動画も配信されています。


2.「モードブランドを解説」-なかむ【ブランド古着 Brooch】-

チャンネル開設日:2017年11月17日
チャンネル登録数:約5万3千人(2019年1月8日現在)               
なかむとは? 

 自身がバイヤーを務める古着屋「ブローチ(Brooch)」の商品紹介からYouTuber活動をスタート。「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」や「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」といった日本を代表するブランドについて10分近くの長尺で語っており、チャンネル開始から約1年で5万人のフォロワーを獲得するなど勢いのあるYouTuberです。2018年10月には自身のアクセサリーブランド「6:4(brass)」をスタートさせるなど活動の幅を広げています。

3.「ファッション業界に物申す」-ryo matsumoto(リョウ マツモト)-

チャンネル開設日:2013年7月27日
チャンネル登録数:約3万2千人(2019年1月8日現在)             
ryo matsumotoとは?

 元ユニクロ店員で、現在は長野のセレクトショップの店長兼バイヤー。YouTubeでは「服バカの服バカによる服バカのためのチャンネル」をモットーに動画を配信しています。セレクトショップに入荷した商品を着用して宣伝する「デリバリー動画」や、ファッションに対する考えを述べる動画などを主に編集なしで公開しているのが特徴です。コレクションの予習動画やルック実況などのコンテンツも多く、去年11月に日本で開催された「ディオール(DIOR)」のメンズ プレフォールショーにも招待されるなど、ファッション業界でも注目されています。

4.「サカイ女子必見」-Amy(エイミー)-

チャンネル開設日:2018年1月31日
チャンネル登録数:約4千人(2019年1月8日現在)             
Amyとは?

 男性YouTuberが目立つ中、「サカイ(sacai)」や「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」、「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」など国内外のモードブランドのアイテムを紹介する女性YouTuber。サカイなどをユニクロやGUと合わせた、日常に落とし込んだスタイリング動画が人気を集めています。素材やブランドの特徴などを細かく解説しているため内容の詰まったコンテンツが多く、チャンネルを開設してまだ1年ほどですが10万回近く再生されている動画もあったりと今後が注目のファッションYouTuberです。


5.「WEAR出身のファッションインフルエンサー」-Ryo Takashima-

チャンネル開設日:2017年11月30日
チャンネル登録数:約4万1千人(2019年1月8日現在)              
Ryo Takashima とは?

 「ステュディオス(STUDIOUS)」の販売員を経て、2018年8月まで同じくYouTuberとして活躍するゲンジが手掛ける「リドム(LIDnM)」に所属。現在はフリーランスとして活動しています。1本の動画でアイテムと共にコーディネートも紹介するという内容で、アイテムの選び方やコーディネートの組み方などを分かりやすく解説しています。「アーネイ(ANEI)」や「ヨーク(YOKE)」など若手のインデペンデントブランドも積極的に紹介しているため、最新のブランド情報を知りたい人にオススメです。

6.「ファッション好き2人組YouTuber」-九州タワーズ-

チャンネル開設日:2016年7月29日
チャンネル登録数:約2万5千人(2019年1月8日現在)               
九州タワーズとは?

 九州出身の2人組YouTuber。セレクトショップや古着屋を訪問する「お買い物動画」では、九州をはじめ東京や京都、長野など全国のショップを訪問。視聴者の質問に答える「質問コーナー」で、好きなブランドについてたかおは「アー・ペー・セー(A.P.C.)」、ダイキは「アンダーカバー(UNDERCOVER)」と答えていますが、系統を問わず幅広いブランドのアイテムを知ることができます。


7.「最新のストリートファッションを紹介」-SOSHI Net(ソーシ ネット)-

チャンネル開設日:2014年11月8日
チャンネル登録数:約12万6千人(2019年1月8日現在)                
SOSHI Netとは?

 UUUM所属のスニーカーマニアとして知られるYouTuber。「ナイキ エアジョーダン 1(NIKE AIR JORDAN 1)」などスニーカーの歴史やルーツを紹介する「Sneakers History」や、「シュプリーム(Supreme)」の新作発売に合わせて公開するルック解説動画など、最新のストリートファッションに関する情報が満載。マニア仲間と語る、「My Best Kicks」は再生回数が10万回を超えることもある人気コンテンツです。

8.「ロケ企画が充実」-boomer's(ブーマーズ)-

チャンネル開設日:2018年1月10日
チャンネル登録数:約1万2千人(2019年1月8日現在)                
boomer'sとは?

 「ファッションを通じ自分の魅力に気づき発信し共有」をコンセプトに、カツオとKOKIら計4人で動画を配信。定期的にイベントを行い、視聴者との交流の場を作ったり、原宿で街頭インタビューをしたりとロケ企画が多いのが特徴です。また、「カツオの部屋」「KOKIの部屋」ではそれぞれの部屋にあるファッションアイテムを紹介。「ネオン サイン(NEON SIGN)」や「カイコー(KAIKO)」などのドメスティックブランドが度々登場します。さらに、ファッションオタクのカツオの兄が出演する「将軍回」では、自宅にあるコンバースやミリタリーのコレクションを紹介しており、ヴィンテージ好きにもオススメです。

9.「起業家を目指す高校生YouTuber」だっつ/DAttSU

チャンネル開設日:2016年2月21日
チャンネル登録数:約1万5千人(2019年1月8日現在)              
だっつとは?
 中学卒業と同時に自身のチャンネルを開設した、起業家を目指す現役高校生YouTuber。現在はイギリスに留学中で、イギリスでの購入品やおすすめアイテムなどの情報を配信しています。流行に関係なく自分の好きなものを着るというポリシーを貫いており、「ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)」といったハイブランドから、「ソーイ(soe)」などのドメスティックブランドまで幅広いジャンルのブランドを紹介。またアダストリアと組んで「ハレ(HARE)」の2017−18年秋冬コレクションのアイテム解説動画を制作したことでも注目を集めました。

10.「文化服装学院から情報を発信」-リクト-

チャンネル開設日:2018年1月8日
チャンネル登録数:約8千人(2019年1月8日現在)               
リクトとは?
 文化服装学院に通う服飾学生。学生にコーディネートや服に対するこだわりについてインタビューするほか、ファッションサークル「Keio Fashion Creator」を特集するなど、服飾学生ならではの動画を配信しています。紹介ブランドは「クードス(Kudos)」や「オーラリー(AURALEE)」など国内ブランドが中心。また自身の買い物記録を「Vlog」として更新していたりと、YouTubeと合わせて見ることで服飾学生の日常を知ることが出来ます。

世界初のスイスメイド認定アナログ式スマートウォッチ「X-ONE H1」

アップロードファイル 3-1.gifアップロードファイル 3-2.jpgアップロードファイル 3-3.jpgアップロードファイル 3-4.jpg

スイスメイドの機械式スマートウォッチが登場!

クラウドファンディング「Kickstarter」に登場した「X-ONE H1」は、世界初のスイスメイド機械式スマートウォッチです。数あるスマートウォッチの多くはデジタル文字盤ですが、このX-ONE H1は正真正銘の機械式。

アナログのスマートウォッチって、一体何だ!?スイスは時計の一大産地です。近世までのスイスには産業が少なく、男たちは傭兵として国外の戦争に参加していました。

それを救ったのが、モノづくりです。スイスメイドは厳正な国家規格で、製造工程の大部分をスイス国内で行わなければ「スイスメイド」と名乗ることはできません。

X-ONE H1は、スイスメイド認定を受けたスマートウォッチ。Android、iOS搭載のスマホと連携します。着信通知、万歩計、アラーム、音楽コントロールなど、スマートウォッチとしての基本的な機能を有しているX-ONE H1。

しかし何より、機械式ならではの美しいデザインが目を惹きます。

職人がひとつひとつ仕上げた製品で、その品質は折り紙つき。フォーマルからスポーツまで、あらゆる場面にフィットする設計でもあります。他のスマートウォッチにはない、精巧なムーブメントのリズムと動き。これぞまさにスイスメイド! という感じの飽きが来ない製品です。

X-ONE H1はクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、750ドル(約8万円)でのプレオーダーを実施しています。

デジタル式に比べ数少ない機械式スマートウォッチ。今回ご紹介したのは、スイスメイド認定製品です。フォーマル、カジュアルを問わずにいろいろな場所で活躍できる一品でもあります。

宇舶表と2018 ART 021上海廿一当代芸術博覧会の3度を手にした「宇舶愛芸術」

2018年11月9日、「宇舶愛芸術」の展覧会は第6回ART 021上海廿一現代芸術博覧会で再び開花!スイスの有名な製表のブランドのHUブログは2016年からART 021と協力パートナーとなっており、3年連続で「融合の芸術」ブランドの理念を伝え、芸術と時間の対話の無限の可能性を集めている。11月9日から11日まで、「宇舶愛芸術」の展覧会がART 021の中で現代芸術の先鋒指導者の非凡な創作を呈し、宇舶表の革新腕時計の佳作を展示する。

「融合の芸術」を常に持って伝え、宇舶表はART 021と手を携えて、多項芸術の祭典、第1回JINGART芸覧北京博覧会、第1回ART CH GDU国際現代芸術博覧会、リスターアートセンター、オイル缶アートセンター、M WO ODS美術館の開館展覧、そして3年連続でAPS芸術中国のピークの夜の影響力を支持する選考。

今回の「宇舶愛芸術」展における芸術的な作品は、ジャンルや背景のある芸術家、東西文化がここで送金し、伝統と革新がここで衝突し、「融合した芸術」を表現している。また、「タイムマップ」という特製の「時間地図」は、展覧会として、芸術の佳作に酔う観客にデジタル体験をもたらす。

中国の新鋭の現代芸術家のゆっくりとした彫刻の作品「永生-北そろ金彩絵菩薩、ベルウィード胴」は、全世界の博物館における無頭彫像に取材し、再転覆され、異なる文化の間の交錯と融合を見せ、東洋の知恵の下での包容力と伝統の尊重と未来への展望を表している。アメリカのアーティスト、チェス・アトン・イトン氏の映画アニメキャラクターの落書きポスターが、アニメの要素、落書き色、複雑な多変な映像を融合させたデザインスタイルで、現代の芸術に対する認識を絶えず革新し、さらにトラムの一つの夢を表している。展示の中で注目されているのは、鋭い牙を出して暴れた赤い金剛「Kay」。これは、宇舶表ブランド大使、フランス現代芸術彫刻家リチャード・オリンギの代表作で、ダイヤモンドのような角度を駆使して波紋を切って、オリジナルの獣性を残して胸を叩いて、迫力のある赤を放つ色の光は、大衆の近代文明とジャングルの法則に対する思考を導くかのようだ。色彩を駆使したポピュラーアートの絵は、流行の図柄、立体派の構図、落書きのような自発性を組み合わせて、既知の現実を再定義し、平易な文化と芸術のつながりを探っていく。

芸術の佳作とともに展示された腕時計の得品は、宇舶表の「融合した芸術」の理念と転覆性の革新的な精神を存分に示している。芸術家たちとの連携を通じて、宇舶表ブランド大使によるピアノマスター・郎朗、宇舶表ブランド大使、リチャード・オリンギ(Richichiclinsッキー)や入れ墨師のマグシム・ブチなど、芸術的な理念に富んだ腕時計を作り、現代芸術に対する敬意と支持を表している。
宇舶表経典融合シリーズの特殊版腕時計
リチャード・オリンギ(Richichiclinsッキー)は、ポップアートをインスピレーションに彩る絢爛な世界。彼の彫刻の作品として有名で、彼は芸術作品と同じような激進の方法で腕時計を設計した。リチャード・オリンギのビジョンは、HUSTT宇渡表に挑戦し、陶磁器やチタンの金属で三次元折りたたみの効果を示す前に、甲羅を作る必要がある。リチャード・オリンギはこの腕時計のデザインの中で、復古と新未来主義の2つの芸術スタイルを同時に溶け込んでいます。これは彼の作品とボプアートの影響を受けて、同様に精進して精進している態度と情熱を持つ精神を持っています。彼にしてみれば、腕時計の針は未来の象徴である。

私はまだロレックス冒険を新しい領域に見たいです

彼らが1つの永続的な、継ぎ目のない単位として機能する間、この特許を受けたプロセスは射出成形段階の間に起こります。これは、ねじれ、接着剤、接着剤、または接着剤のような表面的なエージェントの必要性なしでねじれ、運動の完全な範囲を可能にします。業界で非常に長い間、マルチカラーストラップは、シリコンのようなより低い称賛された、またはサブのある材料でしか達成できなかった。加硫ゴムは、常に(フルカラー/トーンスペクトルを達成することに関して若干の制限を運びました)、そして、プラスチックとシリコーンで実現されることができるように、多くの色調として作成することが決して可能でないかもしれません。しかし、可能性の配列にドアを開いている間、マルチカラー領域内で豪華な、天然加硫ゴムストラップを生産する能力を今持っていることは非常にエキサイティングです。
280ドルで価格をつけられて、色のオプション(倍の黒いを含む)で利用できます、この記事でフィーチャーされるスカイ居住者のための現在のゴムBは、ワニのバンドに来ているモデルと互換性を持つだけです。ストラップはもちろん、顧客の独自のロレックスオイスタークラスプ(2010年の打ち上げから別のゴムBオリジナルのコンセプト)をマウントするように設計されています。
ステンレス鋼、金、または2つのトーンオイスターブレスレットの空の住人を持っている可能性がありますあなたのそれらのために心配する必要はありません-スイスの工場で現在生産中のモデルのための新しいラバーBストラップがあり、2018年春にリリース予定。あなたは到着時に通知するためにここにサインアップすることができます。
rubberb . comは、米国および海外の電子商取引の小売購買のための公式ブランドのウェブサイトです。スカイ居住者ストラップと他のすべてのモデルは、直接オンラインで購入することができます。色の組み合わせの様々な写真は、ランケルブの下の独立したソーシャルメディアの記事とInstagramの@ rubberbstraの公式で見つけることができます。最も重要なのは、ラバーBは、安定した旅の大きな部分であるために忠実な顧客に感謝したい、エキサイティングな、革新的なスイス製の製品を実現するために。
私たちは過去10万ドルの市場が非常に競争的になっているのを見ています、そして、たとえそれがそうでなかったとしても、年後に、私はまだロレックス冒険を新しい領域に見たいです、そして、慎重に、しかし、注意してください、しかし、気前よくやったように、新しい材料とテクノロジーを受け入れてください。そして、彼らの行為を一緒にするためにロレックスと競争する機会の選択的な少数のために10 - 15年をとったかもしれませんが、私は、ロレックスが支配の次の10 - 15年に彼らの飛躍が何のように見えるかについて我々に示すのを望むことを望みます。
すべてこれは、ロレックスデイトナ116520真の古典的な1つは、永遠によく見えるだろう-といくつかのそれ以降。その贅沢なクロノグラフと贅沢なアクセサリーとしてのその全体的な着用性と機能性はしっかりしています、しかし、その遍在性と達成しやすい刺激的な特徴の不足は今まで以上に競争にそれを暴露します。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ