記事一覧

ジェームズボンドウォッチ オメガ 女王陛下の007公開50周年記念 オメガ シーマスター300 ダイバー300M 210.22.42.20.01.004

オメガ社 社長兼CEOのレイナルド・アッシェリマンは「スピードマスター ムーンウォッチのような伝説的なタイムピースをアップデートする際に不可欠なのは、すべてのディテールに本来そのモデルが持つ独自性を反映させることです。オメガ スピードマスター コピー世界的に有名なクロノグラフですから、デザイン変更に関してはこれまでになく慎重に進めました。それと同時に、ムーブメントも次のレベルへ押し上げたのです」と述べました。

シーマスター ダイバー 300M コーアクシャル マスタークロノメーター ジェームズボンド リミテッド
型番:210.22.42.20.01.004
素材:ステンレススティール
ケースサイズ:直径 42.0mm
文字盤:ブラック
ムーブメント:自動巻きCal.8800
パワーリザーブ:約55時間
防水性能:300m
こちらは、1969年の『女王陛下の007』公開50周年を祝して発表された一本となります。007シリーズとしては第六作目。唯一ジェームズ・ボンドをジョージ・レーゼンビー氏が演じた作品ですね。
まず文字盤には、オープニングでおなじみのアイコン・ガンバレル(銃砲身)モチーフがあしらわれており、さらに中央部はボンドの愛機ワルサーPPKで使われる弾頭サイズ9mmに収まっています。先ほどのモデルはプラチナ製でしたが、こちらはステンレススティール製のため、気軽に楽しめるのが嬉しいところですね。
12時位置にボンド家の紋章を、そして暗闇では特殊夜光塗料によって10時位置のインデックスに50の文字が浮かび上がる仕様となっております。公開から50周年を経た意味で、当数字をインスパイアしたのでしょう。その他にも、デイト窓が「07」を指すと、かつて使われ今では伝説となった、007フォントが現れたり、シースルーバックのサファイアクリスタルにはゴールドとブラックを用いてボンド家の紋章がプリントされていたりと、007ファンにはたまりません。
これまでの007ウォッチに比べてインデックスや針などにイエローゴールドがあしらわれたラグジュアリー感が今作の特徴でしょう。

数多の時計のなかでも「名作」と呼ばれるモデルを、時計のプロが語ります。第7回目は、“ムーンウォッチ”の通称でも愛される「オメガ」のスピードマスター。伝統を受け継ぎながら、約25年ぶりにフルリニューアルされました。

 新しいムーンウォッチのベースとなったモデルは、一般的にはST 105.012として知られ、1969年に宇宙飛行士たちが月面で着用していた第4世代ムーンウォッチのスタイルから着想を得ています。

 宇宙開発時代への敬意を表し、アイコニックな左右非対称のケース、ステップダイアル、ダブルベベルとして知られるケースバック、そしてアルミニウム製ベゼルリング上に施された有名な“ドット・オーバー 90”(DON:90の数字の斜め上にドット)と、“ドット・ダイアゴナル・トゥ 70”(70の数字の斜め下にドット)が採用されています。ひとつひとつは細かなデザインですが、スピードマスターのストーリーを語る上でどれもとても重要な要素なのです。

星の数ほどある腕時計のなかで、「名作」と呼ばれるモデルは何が違うのか? 時計のプロがその魅力を語ります。あなたの「時」を豊かにする、理想の1本との出合いを、ぜひ──。

オメガの「スピードマスター」は有人宇宙飛行に携行された輝かしい経歴を誇り、時計史だけではなく人類史にもその名を刻む傑作コレクションだ。伝説的な初期モデルの復刻版や最先端のマスター クロノメーターも魅力的なスピードマスターを紹介しよう。