記事一覧

チタンは、軽量化や耐食性など、鉄に対するセラミックスの長所をいくつか持っている。

セラミックスは通常の環境下ではまったく腐食しないが、チタンは不働態化と呼ばれるプロセスで腐食する。チタンはすぐに酸化するが、その酸化物が表面層を形成し、金属の大部分がそれ以上酸化されないようにするのだ。ブルガリ 時計海水に長時間繰り返しさらされても腐食しないほど、そのプロテクションは完璧。ステンレススティールの場合、汗をかくと腐食してしまうのは意外かもしれないが、多くのヴィンテージウォッチの裏蓋を見てわかるようにそうなのである。

チタンは1791年に初めて発見されたが、自然界では酸化物としてしか存在せず、研究室で純粋な形で見られるようになったのは20世紀初頭のことだった。工業的に実用的な量産方法が確立されるまでに数十年の歳月を要した。しかし、第二次世界大戦後、チタンは鉄よりも強度が高く、軽いという利点から、多くの航空機設計者に選ばれたのだ。ボーイング747には9万5000ポンドのこの金属が使用されており、記録破りのスパイ機A-12やSR-71の胴体にも使用されている。

2022年 ブルガリコピー新作オクト フィニッシモ トゥールビヨン クロノグラフ スケルトン オートマティック Ref:SAP103295

オクト フィニッシモ トゥールビヨン クロノグラフ スケルトン オートマティック

Ref:SAP103295

ケース径:42.0mm

ケース厚:7.4mm

ケース素材:サンドブラスト加工のグレード5チタン

防水性:30m

ストラップ:サンドブラスト加工のチタン、フォールディングバックル

ムーブメント:自動巻き、Cal.BVL 388(極薄スケルトン加工の機械式マニュファクチュール ムーブメント)、52時間パワーリザーブ、毎時21,600振動

仕様:時・分・秒表示、シングルプッシュクロノグラフ、トゥールビヨン、シースルーケースバック、サンドブラスト加工のチタン製クラウンとプッシュボタン、スケルトン加工のマットグレーのダイアル、プレーンカウンター

限定数:50本

チタンケースを初めて時計に採用したのは1970年のシチズン X-8 クロノメーターで、次いで1975年のセイコー 600M プロダイバー オートマチックだ。セイコーは、ケースをセラミック製の外装で囲むことで破損に対する保険をかけた。これはチタンのふたつの欠点のうちのひとつを示しており、チタンは非常に丈夫で軽いが、ステンレススティールよりも柔らかく、傷が付きやすいという欠点がある。もうひとつは、鉄に比べて加工がしにくいことだ。チタンは「かじり」といって、切削工具に付着する性質があり、かじりを起こすとうまく削れなくなることで、チタン製品は鉄に比べて高価になる傾向がある。現在、擦り傷の問題は、一般的に独自のハードニング技術で対処され、シチズンもセイコーもこのような手法を多用している。また、IWCの「セラタニウム」のように、チタンの軽さと耐食性、セラミックスの耐傷性を兼ね備えた素材の開発も取り組まれている。


【関連記事】:ankopiスーパーコピー 優良サイト 後払い

コメント一覧

tote711 口コミ URL 2022年05月13日(金)11時24分 編集・削除

スーパーコピー 優良サイト 口コミ スーパーコピー 買ってみた スーパーコピー 安全なサイト スーパーコピー信用できるサイト

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー