記事一覧

評価が高くなっている、 GMTマスターII 赤青ベゼル ブルー 126719BLRO

現在の値動きといえば「急上昇の後落ち着いた」といった状態でありますが、 ロレックスGMTマスターIIについては「落ち着いた」という様子がないといえます。

多くの人気モデルは『2月頃まで急上昇し、3月頃から下落。1月水準並に戻った後、現在に至る』という値動きが見られますが、スカイドゥエラーについては基本的に値下がりがないといえます。

それは、先日お伝えしたRGの126719BLROでも同様なのですが、このWGベゼルの青文字盤も同じような様子です。

昨年9月時点で、126719BLRO青文字盤は、約345万円だったのですが、現在では約435万円。この9ヶ月間で90万円程の値上がりとなっています。

大人気 ロレックススーパーコピー GMTマスターII 赤青ベゼル ブルー 126719BLRO

型番: 126719BLRO
モデル: GMTマスターII
外装: ホワイトゴールド
ガラス材質: サファイアクリスタル
ケースサイズ: 40mm
ムーブメント: Cal.3285
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約70時間
機能
防水: 100m
耐磁: あり
WGとブルー文字盤が美しいニューフェイス
GMTマスターIIに、WGの新文字盤が二色追加されました!こちらは、深みのある青文字盤です。 昨年オールホワイトゴールドで同色ベゼル&青文字盤でラインナップされていましたが、そちらはイマイチだったのでしょうか。わずか一年でメーカーホームページから姿を消す形となりました。もっとも、昨年の製品では旧ムーブメントにあたるCal.3186が搭載されていたので、一新の意味合いもあったのでしょうか。定価自体は下がりました。ちょっと「変わり種」といった印象が強い2019年新作。相場はどう転ぶでしょうか。

スカイドゥエラーは、WGの326939がそうであるように、キャラクターの割に“相対的には高くない”といった「お得感」という要素がある印象ですが、青文字盤という要素を兼ね備えている326934については、高い評価となっている傾向が以前からあります。

そして、今や326934青文字盤は、約435万円となっているため、ついにWG水準に追いついてしまったか、と思ったところ、WGも他のスカイドゥエラーと同じく、「値上がり傾向」となっている様子です。

そういったことからも、やはり今、スカイドゥエラーは全体的に評価が高くなっている傾向があると感じます。

【関連記事】:ankopiブランド スーパーコピー優良サイト

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー